FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 10. 21

女性嫌い?

オーストラリアの首相、ジュリア・ギラードさんが下院で、野党リーダーのトニー・アボットさんを「Misogyny」と呼んだ事で、少し前までちょっとした騒ぎになっていた。


ジュリア・ギラード氏については、9月終わりにジャーナリストのアラン・ジョーンズ氏が「ジュリア・ギラード氏は嘘つきであり、彼女の父親はジュリア・ギラード氏が議会に参加するたびに嘘をつく事を恥じて死んでいった」と発言して問題になったり(周りに居た人は笑っていたとか)「ジャーナリストや周りの人間はジュリア・ギラード氏に厳しく接しない、なぜなら彼女は女性だからだ」とかっていう発言が有ったり、彼女の政策や能力以外のところで、話題になっていた。


トニーアボット氏もこのアラン・ジョーンズ氏の発言を受けて、「ジュリア・ギラード氏が毎回この議会に来て自身を保護し続けるのは恥であり、政府の恥である、なにより、ギラード氏の政府は既に恥により死んだはずでしょう」というコメントを出していた。

流石にこういう事が色々と度重なっていた時の議会だったので、ジュリア氏から「この政府はなにも恥じる事は無い、政府は恥で死にかけているわけでもなく、私の父も私を恥じて死んでいっていない、トニー・アボット氏が恥じるべきは議会内での彼のパフォーマンスであり、彼の女性差別精神である」と反論している。

このスピーチ↓はジュリア・ギラードが先日議会でトニー・アボット氏に対して行ったもので、内容の真偽は別として、女性として個人的に非常にすっきりする物だった! この中で言われているものが全部正しいのかはわからないし、長いスピーチの一部の言葉だけを切り取ってそこに反論している感もあるけれど、そして、私自身がジュリア・ギラード氏の政策等に全部賛成しているわけでもないけれど、このスピーチは聞いていてすっきりする物が有るわ。 単純だけど、これに関してはもう、ジュリア・ギラード頑張れと思うわー。

(って、きっと女性の有権者にそう思わせる事を狙った心理戦だと思うので私はまんまと策にハマったってことか)









彼女がこのスピーチの中で、トニー・アボットが過去にした性差別発言としてあげているのは



「中絶が一番楽ちんな解決法でしょう」


とか、


「男性が女性よりも、パワーを持つのは悪い事?」


とか、


「男性の方が身体的に、指揮を出したり命令を出す事に優れているのでは?」


とか


「オーストラリアの女性はオーストラリアの女性がするべき事をするべきだ、例えばアイロンをかけるとか」


とかがあって、ジュリア・ギラードはこれらをすべて、トニー・アボットの女性差別の例として挙げている。 彼はジュリア・ギラードについて「Bitch」とか「Witch」とかって呼んでいる事にも触れていて非難している。



で、これを受けて、トニー・アボットの妻がテレビに出て、「私の夫は女性差別はしないし、女性嫌いでもない。 彼はオーストラリアのどこの議会よりも多くの女性を雇っているし女性の能力を認めている。女性の力を誰よりも知っているのだ。 彼は良い夫であり良い父親である」と反論していた。 やっぱり女性の首相に対しての反撃は女性からが一番効くという作戦なのかな。 


ちなみに、ジュリア・ギラードが使用したMisogynyという言葉、もともとは女性嫌いとかって意味なのだけど、彼女が、Misogynyを女性差別という意味で使用した事を受けて、オーストラリアの辞書は(Macquarie辞書だったかな)Misogynyの意味を女性嫌い、と、女性差別という両方の意味を加えることにしたと笑

で、トニー・アボットは、Macquarieの辞書は買いません、ってコメントしたとか笑 なんだかなー。



ちなみに、ついでに、トニー・アボットはこういう事が起こる前から女性からは何故かあまり好かれていなかったとかで、(理由が女性差別者と思われていたから、かどうかは不明だけど)2010年位にオーストラリアのメディアがオンライン上で夫にしたくない男性の(有名人20人を無作為に選んでネット上で女性から回答を得る)ランキング調査をしたところ、トニー・アボットが最下位に位置したなんて事もあったらしい。 理由としては、妻に嘘をつきそう、とか、カリスマ性が無い、とか、胸毛がキモい、とか ボロボロ(汗  ひどい。

確かに、彼、スポーツマンだし高学歴だし、顔だってそんなに悪くないと思う。 何が悪いのか、何が嫌ってはっきりわからないんだけど何となくこのランキングの結果に納得してしまうう私も居る・・・笑 

あ、でもちなみにランキング1位はジョージ・クルーニーで、2位はブラッド・ピットって感じ。 まぁ、トニー・アボットさんをジョージ・クルーニーと比べるあたり、フェアな調査じゃないかも知れないけれど笑




話がそれたわ。


でもさ、男性と女性が居て、もともとどちらかが独占していた場所に違う人たちが入ってくるとこういう攻撃と非難が起こるんだろうな。 私たち現在の女性が、女性の権利!とかって声を大にして主張出来るのは、私たちの親の世代の女性が頑張ってこういう攻撃と非難の時代を乗り切って女性の権利を切り開いてくれたからで、感謝しなくちゃな、って思う。 そして、きっと私たちの子供の時代にはもっと、女性の権利が増えて行くのだろうけれどそれってジュリア・ギラードさんみたいな人が頑張って公に出て戦ってくれているからなんだろうな、って。

でも権利が増えるという事は、その分責任も増える事で、女性だからと甘えずに男性と同じだけの責任を背負って生きて行く覚悟がない限り、権利だけを主張するのは男性にとって不公平だし、いつまでたっても本当の公平な立場にはならないのかな、って思ったり。



でも、コレって凄い難しいところで、例えばトニー・アボット氏が言うとおり、女性が家に居てアイロンをかける事が悪い事、とも言えないと思うんだよね。 

男女が平等である事が良い、とするアメリカ的な文化と、女性は男性をサポートする事が良いとする、ちょっと昔の文化(で、多くの国では今現在の文化)とどちらが良くてどちらが悪いって言うのはなかなか判断しづらい所だと思う。 今のオーストラリアも日本も男女平等が良いという文化だけれど、男性と女性って根本的にはやっぱり違うものだし。 

イラクとかアフガニスタンとかの女性の扱いには反吐が出る物があるけれど(あれは女性の生きる権利さえも剥奪する物だったりするので私の中では論外、文化の違い、では片づけられない物だと思う ― アメリカとかオーストラリアとかがもっともっと介入すべきだって思うんだけどなぁ)例えばイスラム教とかの女性は顔を隠す、とか女性は働かない、とかっていう文化を、男女平等じゃないから悪い、っていうのも違うと思うし。 難しいよな。


でもオーストラリアや日本に限って言えば、男女平等を良しとしているわけだし、こういう風にジュリア・ギラードさんみたいな女性の首相が出て、女性を差別するな!って声を大にする事は望ましい事だと思う。 男性と女性は違うものだから、違いは合ってもその違いを認めたうえで、いろいろなチャンスや可能性は平等に与えられないといけない、って事なんだろうな。












スポンサーサイト

COMMENT▼

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/591-bd128187

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。