FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 10. 23

男女平等、の、続き

なんか、男女平等って凄い難しい問題だよなーってこの前のエントリーを書き終わった後も考えちゃった。

社会的にはさ、この前のジュリア・ギラードさんのスピーチみたいな感じで、女性は男性よりも社会的立場が低い、けれど、頑張って同じ位置まで持っていこうとしている、っていうのが一般的な理解なんだろうけれど、日本とかオーストラリアみたいな国にとって女性の立場って本当に男性よりも低いのかな?って疑う時が結構あるわ。

ジュリア・ギラード氏の発言だって、「女性の立場が低い」かもしれない事を理由に、野党の党首(男性)よりも優位に立とうというイメージ戦略とか心理戦を行っているとも考えられる。 私を差別するな、というって事は、私を特別扱いしろ、って言う事との違いって結構微妙なものなのかな、って。


私が日本で最後に勤めていた会社に入社できた1個の理由は、その会社の中で男性の比率が多すぎるので女性の幹部候補を養成する事が会社としての大きな目標になっていたから。って言うもの。 私は女性であるっていうだけで、私よりももっと能力が有ったであろう男性候補者を押しのけて入社出来たかもしれないし、コレって男性にとっての不平等で女性よりも弱い立場に居るということになるよな。


女性の立場をあげようとするが故に、男性の達がが落ちたら意味が無い。


女性の立場を男性とまったく同じ立場にするとしたら、女性と男性の責任も同じにしなくちゃいけないと思うし、そうなるといま女性が享受しているメリットを男性も同じだけ享受すべきだと思うんだよね。



たとえばさ、うーん、男性と同じだけの比率の女性も定年まで働き家族を養う、とか、女性と同じだけの比率の男性が主夫になる、主夫になっても白い目で見られないようにする、とか。 

まぁ女性が男性と同じだけ働く場合って子供の世話をどうするかとかは政府として考えないといけないとは思うんだけどさ。 夫婦の中で、男性も女性も働きたい場合、で、男性と女性が同じくらいバリバリのキャリア志向だった場合、子供をどうするかって事が難しいよね。 日本の場合は少子化も問題になってるし。

でも、権利として女性が働く事、トップに立つ事を求めるのであれば、理論としては一生家族を自分の稼ぎで養っていく覚悟のある女性が男性と同じだけの割合で居ないといけないと思うのよね。 勿論男性が女性と同じだけ家事をする必要もあるけれど。 でも子育てになると、生物的に女性と男性の脳が違うのであれば、やっぱり女性の負担が大きくなりがちで(授乳なんかは女性しかできないわけだし)そうするとそこを加味して何が平等なのかを考えなくちゃいけなかったり。



それにさ、たとえ仕事で同等、家庭内で同等だとしても、例えば、オーストラリアには紳士の文化の名残がちょこちょこあったりして、私の上司(男性)は私と一緒に顧客に会いに行く時なんかは、車を上司が運転し、自分が車に乗る前に助手席側に来てわざわざ車のドアを開けてくれたりする。

こういうのって嬉しいけれど、男女平等を声高に言うのであれば、コレっておかしいし、例えば、重い物は男性が持つっていう意識だったり、デートでは男性の方が多くお金を払う、とか男性からプロポーズする、とかプロポーズの際は男性が女性に指輪を送る、とかって言う事も平等ではないって可能性も出てくるわけで、線引きが難しいよね。

でもさ、コレって文化でもあって、優しさでもあったりするわけで、例えばイスラムの国とかでは女性を卑下しているのではなくて、大事にしているが故に、外に出さない、仕事をしなくても生活出来るようにする為に男性が働くっていう認識だったりもするわけだし、オーストラリアの男性が車のドアを女性に開けてあげるのは文化だったりもするわけで。

重い物を男性が持ってあげるのは、優しさである場合もあるし。



女性も女性で、プロポーズは男性からしてほしいって言う願望を持っていたり、婚約指輪が欲しい、って思ったりする事も、文化と考えれば全然アリだけれど、穿った考え方をすれば、男性と女性は平等では無い、って事にもなるわけで。

でもさ、やっぱり男性と女性は違う生き物で生物学的に男性が勝っているところも女性が勝っているところもそれぞれあるわけで、そういうところもすべてをひっくるめて、すべてを完璧に平等にする事が本当の平等なのかもわからないし。

さっきのデートの費用は男性が多く持つ、とか男性が重い物を持つ、って言う事は男女平等ではないという考えも出来るけれど、生物的に男性と女性が違うのであれば、女性が強い男性にひかれるのは、強い遺伝子を持つ子供が欲しいからなのであれば、男性が強さを女性にアピールできるのは、社会的立場であったり、金銭力であったり、重い物を持てる身体能力であったりするわけなので、コレが平等どうこうの話ではなく、単純に遺伝子に組み込まれた当たり前の事なのかも知れなかったり。

女性が家事をするって言う事は、大昔の、男性は狩り、女性は炊事や子供の世話、っていう所からの名残だとしたら、それが一番、自然な事なのかも知れないし、それによって養われた女性の感性なんかが男性より優れているのかも知れない。 それなら、女性が家に居て家事をする、男性が仕事をする、って言うのも強ち間違っていないのかも? 

でも今は大昔ではないし時代に合わせて男女の役割も変わっていくのが自然だろうから、現在、何を持って平等とするか、難しいところだわ。


夫と私は出来る限り、責任も権利も男女関係なく二人で2分割で分け合って、と思っているけれど、夫のしてくれる事あれこれについつい甘えてしまうダメな妻で有ります。 





スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/592-a8f9da80

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。