FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 11. 03

面白そうな本&作者発見。

最近、ちょこっと嬉しい事 = 英語の本が、楽しめる事。

海外に居ると凄く日本語が恋しくなる。 最近はインターネットで日本語が読めるしYou Tubeで日本のアニメも見られる。ちょっと頑張れば日本のドラマなんかがみられたり、前日夜のNHKのニュースが見られたりKindoleの本の種類が増えたりすれば本当、紙の本なんてすぐに必要無くなっちゃうのかも知れないけれど、なんかまだやっぱり私の中では紙の本が一番楽ちんで良いなー。 KindoleとかiPadとかで本を読んだりするのってなんか目が悪くなりそうな気がしちゃうんだよね。

慣れなのかもしれないけれど。
でも日本語の本が日本の本屋さんと同じくらいの品ぞろえだったらどこでもインターネット環境が有ればどこからでも手に入るのは楽ちんだと思うんだけどね。 私は暫くは紙の本かな。



私がめっちゃ幸せを感じる瞬間の一つが、カフェでお茶を飲みながら何かちょこっと食べながら良い本を読んでいる時。 本の世界にどっぷり浸かってそのほかの事を一切考えない時間って凄い楽しいしストレス解消になる。 っていうか、現在わたし、そういえば、ストレスって有りませんが笑

そういえばよく、日本で仕事で疲れた時とかまっすぐ家に帰らず本を持って一人でProntoに行ってシャンディーガフ & おつまみの夕飯を取っていたなぁ。(オッサンか!) シャンディーガフ大好き! そういえばオーストラリアで見た事ないけど、、、まぁあんまりバー行かないからわからんな。有るのかも。

でもさ、そんな幸せな時間も、オーストラリアだとなかなか作れないんだよね。 と、言うのも、本が無いからw いや、本はいっぱいあるのさー だけどさ、英語だときっと日本語程楽しめないだろうなぁと思ったり(前にも英語の本は読んだりしていたけれど、本の選択が悪かったのかもw!) 日本語の本も手に入るけれどなんか値段が結構高かったり読みたい本が見つからなかったり、探せばいっぱい有るんだろうけれど日本みたいに、気軽に本屋さんに立ち寄って欲しい時にポンと本を買えない事も有って、なんかそんな時間からも遠ざかりつつ有ったりしていたんだけど、イマイチ私の生活に何かが足りないなぁーって感じがしていたんだよね。 ただ単に好きな本に巡り合ってなかったからかも知れないけれど。。




っという話を、上司にこのまえ熱く語ったら、貸してくれました、上司一押し

Nemesis (作者:Jo Nesbo)

imageCAOJGGGU.jpg


この作者、読んだことが有りませんでした。でも調べてみたら結構有名な方なのね。 日本に居た時は1週間に2-3回は本屋を訪れていたけど、一回好きになると本当、その決まった作者の作品しか読まなかったので知らない人がいっぱい居るわぁ。でもこれからは色々な人の本を読んでみよーって思った瞬間でした。 なんとなくあまり知らないし読んだ事ってあんまり無いけど、意味も無く毛嫌いしていた作者とかも居るので、なんかそれってもったいないな、って。 

私が好きなタイプの本って、サスペンスとかミステリー(グロく無い物限定)とかアドベンチャーとかその辺なんだけど、本のなかにところどころ、科学とか化学とか数学とか金融とか、何かしらの知的要素みたいなのが含まれているとサイコーーーー。

なんだけど、この本はそこまであんまり知的要素は無かった(ちょこっと有ったけど)んだけど、物語の構成と登場人物設定が面白かった。



この本はノルウェーの刑事物で、主人公は20年位刑事をしている男性で40代中盤位かな、背は高いけど、そんなにハンサムというわけでもないけれど、周りに女性の影はちらほら(でも安定した関係は築けていない?)、お酒関係にダラしなくて、そのせいで、もあって、上司からも目をつけられてたり、人の好き嫌いが激しい。 でも仕事は出来るし根は良い人。 彼のパートナーは若い女性で、これまた特別綺麗な女性ではないし、シャイで、妙に恥ずかしがり屋な所もあるんだけど、実は凄く頭脳明晰で主人公の刑事と良いコンビ。 悪役は、ハンサムで頭脳明晰で将来有望でまじめに仕事をしてぱっと見、性格も良かったり。


物語は、ノルウェーで最近連続して起こっていて世間を騒がせている銀行強盗殺人事件。 主人公とパートナー刑事が捜査を開始するのだけど、その途中に主人公の昔の愛人が殺されるっていう事件が起きる。 この愛人が殺された日、実は主人公は昔の愛人の家に行っているの(主人公には彼女が居るんだけどね)。 で、殺された日の記憶がお酒を飲み過ぎて無くなっちゃってたりしてね。 

そこから、その昔の愛人の女性の現在の彼(複雑だな、オイ)が殺されたり、銀行強盗の際に殺された銀行員(女性)の夫の行動がおかしくなったり、、、もーねー、主人公も含めて誰も彼もが犯人かも知れないって思えるし怪しい。

でも最終的にうまく糸が繋がってストーリー纏まっていくんだけど、読みやすかったよ。 本の途中で出てくる心理学者も良い仕事をしているんだよね。 私、大学で心理学を専攻していた事も有って、心理学関係の話は凄い好きなのだ。 


最初に読んだNemesisって言う本は同じ主人公が出てくるシリーズの2作目なので1作目のThe Redbreastを読んでみようって思ったのだけど、私が行った本屋さんには無かった…。 取り寄せ4週間って言っていたので、とりあえずNemesisの次のThe Devil's Starを買ってみました。


CAH8OX9J.jpg


これも、昨日から読みだしたけど、面白そうだよ!


あ…色々な作者の本を読む、って言いながら、どうやら暫くはJo Nesboを読むことになりそうです。 
しかしオーストラリア、本が高い気がします。 この本20ドル位するんだよー。 あ、でもまぁ日本語訳だと上下巻それぞれ700円位するから、、、まぁちょこっと高い位かな。 でも英語だと読むのが遅い分、長い時間楽しめるので、20ドルでもオッケーかも笑

楽しみっ。




スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

シャンディーね頼めば出てくるよ。私よく頼むの。でも、レモネードで割るから甘いよ。
甘党の私にはちょうどいいんだけどね。

Mikaちゃん

ほーーー シャンディーガフあるのね! ほとんどバーとか行かないので知らなかった。 レストランだとついついワインを頼んじゃうし。 レモネードなんだ。 それってもうシャンディーガフとは違うものになってるような笑
やっぱり私は甘くない方が良いなぁ、やっぱりジンジャーエールだよなぁ。 でも今度頼んでみよっと! ジンジャーエールで作って!ってお願いしたら作ってくれそうだよね。むふふふふ、ありがとー良い事聞いたぞ♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/594-d8468fea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。