FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 11. 18

熱気球デビュー 1

本日は夫が妻を絶賛甘やかし中です。

あーーいつまでも甘やかしてほしいーーー


明日は私の誕生日で、でも月曜日なので今日お祝いしようーー♪ってことで夫が秘密裏に、色々計画してくれていまして。 まぁもう年齢的にもおめでたくもないんだけど、、あ、いやいや、誕生日はいつになってもおめでたい♪ うん。 しかしこの年になると親に感謝する気持ちの方が強くなるな。 親は33年前の明日に私を産んでくれたんだーーとか。 もうそれから33年経ったなんて、なんか変な感じ。 産まれてからここまで、幸せいっぱいの人生でした。 親のおかげ、妹のおかげ、夫のおかげ、家族のおかげ、そして友達みんなと、道ですれ違っただけの人も含めて、会えたみんなのおかげです、本当。 ありがたい。


で、そんなわけで夫に甘やかされている本日、朝2時20分に起こされました―。 


って、全然あまやかされてなーーーーい。めっちゃスパルタじゃないのか、これ!

で、ありえん! って思いながらもお化粧し、髪の毛を整え、もう夏だというのにセーターとウィンドブレーカーを着こんで(夫の指示)3時には出発。

そのまま、夫の運転でバロッサバレーという、サウスオーストラリア州最大のワインの産地に向かう途中、夫より、



本日はスカイダイビングをします。



と、宣言され、一気に目が覚める妻。

甘やかされてない。 確実に甘やかされていない…。
というか、私、落ちる物、大嫌いなのですが。 てか、結婚して6年チョイ、付き合ってからかれこれ10年ほど。知ってるだろ、私が落ちる物嫌いな事! 一瞬仮病を装う事も考えた



そんな感じで口数の少なくなった私を連れ、夫がたどり着いた先は、なんとまぁ素敵なワイナリー(その時は暗くてわからなかったんだけどね、広くてめっちゃ綺麗な場所。 Peter Lehmannというワイナリー。 一緒にツアーに参加したおばさま曰く、ここの赤ワインはなかなか美味しい、とのこと。 メモメモ。




で、ここから熱気球の旅でした。

あぶなーーー。
スカイダイビングだったら、ほんと、どうしようかと思ったよ。




で、バッグやらすべてを持った状態で体重測定の後、熱気球会社のバンにみんなで乗り込んで風の良い場所を探しまっす。 白い風船を膨らまして飛ばして、その飛び方で風の良い場所を選ぶみたいなんだけど、私たちはとっても良い日だったみたいで、地上近くはあまり風が無く、上空に行くと風が強くなるというどうやら熱気球日和。 

出発場所もすぐ決まり、さっそく出発準備。

 

1_20121118145106.jpg
こんな感じで、参加者の中から2人がバルーンの風船の部分を支えつつ、デッカイ送風機で風船の中に空気を送り込み、



2_20121118145113.jpg
有る程度膨らんできたら、こんな感じでファイヤー! で中の空気を温め、



3_20121118145122.jpg
大分空気も入り、暖められた空気がたまってきたら、車を使って風船と人が乗るかごを立てます。 で、ここからさらにファイヤーするんだけど、すぐに人が乗り込まないと、人なしで飛んで行っちゃうので(っていっても地面と車を重りにして一応飛ばないようにしてあるけれど)すぐに乗るように急かされます。

4_20121118145130.jpg
このかごの中は4分割されていて、1つのセクションに4人の大人が乗る計算。 (プラス、パイロットのオジサン)。 今回の参加者は15人だったので、本当に乗れるの??って思ったけれど、余裕でしたー。 今回はオージーにしては比較的細身の方たちばかりだったので(←失礼)大丈夫だったのか??? 60歳の誕生日のお祝いに友達同士で集まって、っていう人たちだったので、私たち以外は皆、50-60位の方たちでした―。 明るくて良い人達だったなぁ。







んで、飛んでからも、
5_20121118145137.jpg

こうやって、定期的にファイヤー。
私はこのファイヤーの真横に居たので、暖かかった。 今はそろそろ夏だってのに、朝は極寒! めっちゃ寒かったので良い場所をとりました笑  ファイヤーする事で気球が上昇するんだけど、すっごい音なのー。 話してる声とか全然聞こえない。






6_20121118145144.jpg

そうこうしているうちに、日の出。
綺麗だったわーーー♪






7_20121118145154.jpg
バロッサバレーはワインの生産地なので、こんな感じでワイン畑が至る所に見えた。 飛んでいる高さは、低い時は地上から100mも無い所を飛んでいて、高い時は300m位だったかな。 畑を横切るカンガルー達が見えたり、ヤギ? の群れとか羊の群れが居たり、ウサギが見えたり。 素敵だったなーーー。

太陽も上がると大分気温も上がってきて、大分過ごしやすい気温の中で1時間位、空をふわふわ。

その間も、熱気球会社のバンが地上からGPSとか使いながら気球を追い続けるの。 どこに着地するかわからないし、着地した場所からちゃんと元のワイナリーまで戻る為にずっと追い続ける(って言ってたけど、もしかしたらずっと追ってるわけじゃ無かったのかな? 終了間近になったら追跡始めるのかも)。





着地は、誰かの敷地(笑
乗り込んだときから、「着地する場所は、どっか広ーい場所が有ったらそこにおります。 不法侵入っちゃーーーまぁ、不法侵入ですわ。わっはっはーーー」 とかパイロットのオジサンが言ってましたので、まぁ、誰かの敷地に不法侵入着地いたしました笑 とはいっても、バロッサバレーあたりで広い敷地を持ってる人達とか、着地候補地の人達には話を通してるんだろうな。

着地は、流石プロでした。 ファイヤーをしたり紐を引っ張ったりしながら巧みに気球を操って良い感じで着地。 …と思ったらチョコっと浮いて、また着地。 …とおもったらまたフワっっと、を繰り返して、ようやく着地。 でも着地してすぐにカゴから降りちゃダメなの。 まだ暖かい空気が入ってるから、人が下りておもりが減るとまた飛んじゃうんだって笑



と、言う事で、着地し終わった後(ヤギ?羊?だかの放牧場に着地しました。 ウンチまみれーーー。 でも大らかなオージーだれも気にしてない笑) こんな感じで風船の中の一番上の部分を萎めて(赤い部分ね)暖かい空気を逃すの。

8_20121118145202.jpg




こうやって空気を抜いた後は、車で追跡していたオジサン二人が風船を引っ張って倒して、参加者全員で風船を折りたたんでしまうお手伝い。

9_20121118145211.jpg

熱気球会社のオジサマに何故か気に居られたカズは(最年少だったしね)、気球の風船をデッカイ袋にしまうお手伝い。 これ、袋の中に入っている風船の上にカズが乗って、風船の空気を抜いているところ。 おじさんに、なかに一緒に押し込まれそうになったり、色々遊ばれてた笑 





10_20121118145221.jpg


で、その後、カズは人間が乗っていたカゴをトラックに載せるお手伝いをし、みんなでまたバンに乗り込んでも説いたワイナリーに戻りました―。



で、ワイナリーの敷地内で、ピクニック朝ご飯。
パン、チーズ2種類、ハム、鳥の丸焼き(をほぐしたもの)、ドライフルーツ、キッシュ2種類、あと、なんだったかなー、あ、紅茶、コーヒー、シャンパン、オレンジジュースなどなど。 美味しく頂きました。 流石に朝イチ、8時半位からシャンパンは飲めなかった…けど、他の人達はみんな飲んでたな笑

外で食べるご飯はなんであんなに美味しいのかねーー。

11_20121118145230.jpg



そして、食事をゆっくりとって、私ともう2人が誕生日だった事もあって、なんとケーキも用意してくれていて、みんなで食べました(いつもケーキもあるのかも??)。





そして、終了前に、一人ずつ、パイロットに呼ばれて、熱気球、よく出来ました賞状を頂きました。
12.jpg


あなたはBalloonaticを名乗る事を認めます、と。
英語のわからない、、が、しかし私のブログを読んでくれているであろう母の為に説明すると笑 これは、BalloonとLunaticを足した造語で、Lunaticって精神錯乱者、みたいな意味で、Balloonaticで、「熱気球バカ」って事です。 はい、どうやらあなたの娘は、本日を持って、オーストラリアの地にて熱気球バカと名乗る事を認められました。 これからも更なるバカを極めるべく、日々精進いたします。 はい。




いやーーー 本当に素敵な体験でした。
ありがとう、カズちゃん♪








スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/600-67aa2610

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。