FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 12. 02

007 Skyfall見てきました―。

みてきましたー

skyfall.jpg


以下、ボンドSkyfallの感想でございます。 あんまりネタばれは無いと思うんだけど、まだSkyfallを見ていない方は、読まない方が良いかもしれないでーす。






いやー、評判の良かった今回の007シリーズ。
見てきました。 やっぱりなんていうか、007シリーズって、水戸黄門シリーズと同じような妙な安心感があるんですわ。 絶対ボンドは死なない、っていう安心感は、最終的には水戸黄門が印籠を示して悪い奴がみんな降参する、と同じくらい、絶対的なもの。

今回も、ボンドは死にそうになりながらも、絶対に死なず、また、ボンドガールはまたしても絶世の美女で、ボンドと濡れ場を世界中のボンドファンの期待どうり演じてくれた。 なんというか、安心して見られる楽しい映画でした。

画像も綺麗だったなー。 ロンドンだったり、上海だったり、スコットランドだったり、悪役の居る島だったり、色々な処に舞台が移るんだけど、どこも綺麗な画像でした。 スコットランドってあんな感じなのかなー 凄く綺麗だわーーー。



skyfall M




今回のストーリーは(いつもかなりスケールがデカイけど)、かなりスケールの大きい話でMI6もかつてない位の危機に晒されることになるのです。 IT技術の怖さとかも織り込みながらの展開で、猟奇殺人者というか今回の悪役の狂い具合なんかも良い感じで、緊張感のなかにちょこちょこと和む、笑える場面が有ったりしながら、全体的に良い出来だったなーと思います。

なんか、ロンドンの忙しいメインストリートを完全に封鎖したり、地下鉄を封鎖したりして映画を取ったらしくて、ロンドンでそんな事をする許可を貰える映画はジェームスボンドだけだ。 って。 いろいろと凄くスケールが大きかったわ。


ってかさ、ボンドね、絶対いまの、死んだだろ? てか、死んでないわけないじゃん?っていう場面が何度か有ったんだけど、生きてるんだよね。 まぁ、ボンドは絶対死なないんだけど、わかってるんだけど、何度か、今のあれは、どうなのよ、って部分も有った様な。 実際、あんな風に人体が扱われたら、、どんなに屈強の男でも…死ぬだろう?? ま、そこを生き抜くのがボンドって事よねw  



imagesCAOJUXAS.jpg


あとね、今回のボンドガールさん、凄く好きです。
いつも、いつも、いつも、みんな絶世の美女だけど、今回の悪役の精神異常具合と、今回のボンドガールの危うげな雰囲気が良い感じにマッチしていて、なんか、あの女優さんの選択は凄くセンスが良いなーと。 彼女の演技も好きでした。

でも、なんか、他のボンドガールに比べて登場時間が短かったような。 美しいだけにもっと見て居たかったわー。


bondgirl.png









オーストラリアに来てからあんまり映画館で映画を見無くなっちゃったのですけれど、久しぶりにこの映画は見たい!って思って平日なのに見に行っちゃいました。 あぁ、そうだ、平日に見に行ったの。に、映画館は満員でした。 大人気ねーボンド。







次は、Les Miserablesを見たいな。
ミュージカル映画、好きなんだ♪

les miserables





スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/606-af2350ae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。