FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 12. 11

オーストラリアラジオ局のなり済まし電話

ここ最近オーストラリアを騒がせているニュース
イギリスのケ―ト妃が妊娠初期のひどい悪阻の為に入院していた病院にオーストラリア、シドニーのラジオステーション 2Day FMがエリザベス女王とチャールズ皇太子になり済ましてケイト妃の容体を聞きだし、その会話をラジオ番組内で放送したという事件。 
その電話中に、ラジオ局の電話をケイト妃の入院している病棟に取り次いだベテラン看護婦さんが、後日自殺を図ったと思われる状況で死亡した事件。

イギリスから非難が相次ぎ、担当した二人のラジオDJは現在、一切ラジオへの出演を控え、男性DJに関しては復帰の可能性は考えたくもないと話しているという。 またラジオ局の上部に対して処分が行われる予定。 この二人のDJはラジオ局内でイギリスに電話しケイト妃の容体を聞きだすという企画を会社の命令通り行っただけ、と話し、オーストラリア訛りの英語で話す私たちの電話がまさか取り次がれるとは思わなかった、ともコメントしている。

この事件に対して、私やカズの周りのオーストラリア人から聞かれるのは

「ラジオ番組はジョークで、誰もがわかる、わかりやすいジョークだった。 ラジオ番組のDJには何の非もない」

とする声や

「自分で自分の命を絶つ人は、その人自身の責任で命を絶つべきで誰かに自分の下した自殺という決断の責任を負わせるなんてフェアじゃない」

とか

なんとなくオーストラリアのラジオ局を擁護するようなコメントが多いように思うの。



だけどね、私としては、このラジオ番組の企画はとても許せたものじゃないのよね。 もーーー何を考えてるんだ、アホじゃないの? なんて下品な企画なんだろう、ほんと。 失礼にも程が有るし、人間としての品格も何も有ったもんじゃない。って思うの。 私は頭に来て仕方ないんですが、どうやらそう思っている人は私の周りでは(オージーは特に)少数みたい。 

そんな状況にもびっくりしているのですけれど。


だってさ、仮にも王室だよ。
オーストラリアの国家最高権力だっててイギリスの王室なんだから、もっと敬意を払っても良いと思うのよね。 イギリスの王室の一人の入院先に電話をかけて、まともに名乗ってもおらず、偽名を使って王室メンバーの健康状態について聞きだしてそれをラジオで流すって、どう考えてもギャグじゃないし面白くもないでしょう。

もっと王室って崇高なものだと思うの。 軽い考えでコメントをしちゃいけないような、軽く扱ってはいけないような、そんな存在だって思うのよ。  まぁイギリスだと、エリザベス女王が一般市民の結婚式にお忍びでいきなりサプライズ参加した、とかってジョークをかましたりするみたいなので、日本の皇室みたいな、触れない高貴な存在、って感覚ではないのかもしれないけれど、それでもさ、王室メンバーの体調だよ、それを公共電波で、、、

もう、頭にくるわーーーーー

たとえばさ、どっか外国が、日本の皇室に嫁いだ妃の入院している病院に電話をかけてきて、(まぁ日本では万全セキュリティの問題とかで、電話がつながるなんて事もないとおもうけど(っていうか、コレもびっくりなんだけど、イギリスは一般人がそんな簡単に王室の入院先に電話出来ちゃうのかい!!!) でもさ、万が一、万が一、電話がつながれたとして、妃の体調なんかを天皇とか皇后だと名乗る人から直接聞かれて、その看護婦の回答がそのどっか外国のラジオ番組で放送されたとしたら、、、

もーーーさーーー、私的には戦争にはならなくても、国交凍結、とか、外交問題に発展するようなめっちゃ深刻な問題になると思うの。 日本国民だったら、万が一、そんな事されたら、めっちゃ怒るんじゃないかなーって。

まぁイギリス人もめっちゃ怒っているんだけど。


ラジオのDJ達には同情をせざるを得ない部分もあるとはおもうんだけど(上司命令、とか、企画は別のところで通されていて自分達はその実行者だっただけ、とかさ) それでも、企画者とか、DJとか、誰かがどこかで、「この企画はやり過ぎだ、コレは許されないと思う」って何故言わなかったのか、って思うのよね。 それを考えるとこのDJ達だって、不運では有ったけど同罪だと思うのよね。

信じられない。

そしてこの後に及んで、ラジオ局などを擁護しているオージーの感覚も私にはまったく理解できないわ。


もともと電話を取り次いだベテラン看護婦さんの自殺に関しても、私は理解できなくもないって思うの。 自殺なんて過剰反応だ、彼女は何も悪い事をしていないんだから、自殺する必要なんてなかったし、彼女の自殺はオーストラリアのラジオ局の責任ではないんじゃない、って言う声が、これまた、多い気がするんだけどさ、私は、自殺したくなる気持ちって何となく日本人にはもっとわかるんじゃないかな、って思うの。

戦争の時とか、国の為に、天皇の為になら死ねるって言って亡くなっっていった先人を持つ日本人には、仮にも何の悪気のない間違えだったとしても、天皇家の情報を自分のミスによって公共の電波に乗せてしまった、って思ったら、きっと戦時中の日本人だったら、申し訳なくて命を絶つって言う人は少なくないような気もするの、現代の日本人にも似たような感覚は残っているんじゃないかなとも思うの。

それを考えるとさ、イギリス人で文化が違うとはいえ、歴史ある高貴な王室を持つイギリス、この看護婦さんが王室を敬う方で有った場合、なんて事をしてしまったのだろう、って思って罪の意識から命を絶つ、って言う事は考えられない事ではない、って思うのだけど、そう思うのは私が日本人で、そして保守的だからでしょうか。

どうして、企画時にその可能性が考えられないのか、コレが文化の違いなのか。 私の周りのオージーの感覚がいつも以上にわからなくなっている私です。 

でも、もしかしたらここでは私の方が異端なのですかね。


しかしケイト妃も可愛そうな。 悪阻に苦しまれているという事はまだ妊娠初期でしょう、これから半年以上も世界中のマスコミなどなどから追い回されるのでしょうか。 本当マスコミはせめて妊婦さんの間だけでももっとケイト妃を尊重してあげればいいのに。 






スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

ああ、これ100%同感。

前々からオージーが外国で犯罪を犯した自国民をかばう世論ばかりなのは、アジアに対する差別意識とか優越感かと思ってたんだけど、対イギリスに関しても同じという事で単に身内に甘い&ひいきなんでしょうね。日本と間逆ですが、まあ国の成り立ちからしてわからんでもないです。

チェイサーなんかを見てもわかりますが、この国(特に一部マスコミ)は権力、権威に対しては多少の無茶や違法行為はクールでカッコいいみたいな風潮があるような気がしますねえ。

Trancosoさん

そうですね、確かに。 仲間には優しい気がします。 日本人がオージーの中に混ざっていても例えば会社の仲間、とか、スポーツの仲間、とか何かしらの仲間意識が有る人にはオージーは優しいな、って気もします。 まぁそれはどこの国の人でも有るのかな。 でも確かに日本人は日本に対して、とか日本人の行為に対して悪い事をした時は結構シビアに見ますものね、オーストラリア人はあんまりそういう感じじゃないですよね。

もう、王室に対してこういう事をやろう、って言う発想がまず思い浮かばないのと、まじめで、仕事に誇りを持っているであろう人に対して(看護婦さんとか)おちょくる様な事をする、とかはやっぱり無いよな、って。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/607-6fa3f3ae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。