FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2008. 11. 11

将来のお話ー♪

なんか、今日、毎日の様に東海道線の満員電車でオヤジに押されて半ギレのときに
フッと考えた事なんですが、
もし、そのうち子供がオーストラリアで生まれてその子が大人になる頃にその子は
日本人になりたいって思うかな??ッてこと。
まぁ、子供が大人になった頃には自分で考えて決めてくれるんだろうけど。


いまの日本のニュースや事情を考えるとこれから日本に住む事にメリットを余り感じられない
気もして…。
将来年金がもらえないかも、って今日のニュースでも言ってたけど(前から言われてるけど)
そのほかにもお年寄りが増えていって若者の社会的な負担が大きくなっていくし
(日本人の平成20年現在の平均年齢は44歳だってッ!!) 人件費が高かったり
労働者が減る事になるからこれからは国内に余り産業ってのこら無そうで海外に移っていく
でしょ、そうすると経済も発達しないし…  
学生の学力も落ちてるし、ってことはその子達が大人になることは??
ってなんか悪い事ばっかりが先に浮かんできちゃう。

でも反面、
私は日本人として生活する場所でこれ以上の国って本当に少ない、(もしくは無い?)って思ってる。
本当にこの国って凄いって高校、大学で海外に行ったときに始めてきちんと気づいたな。
この国の伝統的な文化も新しい文化もやっぱり凄い物だし。 
私アメリカ人は凄い好きだけど、日本に比べてそういう意味では歴史も深さもないな、って
思うし。(歴史ってことを考えるとアジアだと中国。 本当に凄い国だよね)

最近変な犯罪って多いけどでもやっぱり安全だし基本的には国民はまじめだし
優しいし。 空気も綺麗だしご飯も美味しいし、最近問題多いけど、食も安全だし。
綺麗な場所一杯有るし。
日本のパスポートを持てるって世界的な信頼も、黄門様の印籠バリだし。
なによりも私の親も友達も、夫の親も友達もみんな日本に居るし。
何かあった時に助けてくれる人たちが居る。

招来の子供についてもそうだけど、まず私と夫、
永住ビザをもらえて、その後、私達は国籍をどうするだろう?
やっぱり日本人として育ったし中身は何をしてもいつまでも日本人のままだろうなって
とは話してるけど、生きていくうえでどっちを選んだらいいだろう?

あ、でもオーストラリアって環境問題が深刻だっていうし
実際行った後じゃないと気づかない事って覆いとおもうからもっと一杯考えなきゃな。
でも、どう考えても私達はやっぱり何処までも日本人かな。


とりあえず、
悩んでも現時点では始まっても居ないし妊娠してるわけでも予定もないからな。
とりあえず興味があったのでちょこっとだけその辺を調べてみました。
ほんと何も知らないところから調べたからチョッと基本的なことなんだけど…

もし赤ちゃんが生まれた場合の日本の国籍法では、父親の国籍を取るらしい。
だから日本で生めば日本国籍を取れる訳ではないみたい。
(どっちにしても私達はそういえば2人とも日本人だった~)
でも海外で出産したとき、日本国籍の留保届をすることで日本国籍を保留にすることができて
二重国籍になる、でも日本は二重国籍は認めてないから22歳までに選ばないといけないみたい。
 (国籍留保の届出は,出生届をする時に,出生届書の「その他」欄に
「日本の国籍を留保する。」と記入して,署名押印すればOK)

出生の日から3か月以内に,出生の届出をする必要があり、
日本人夫婦の子どもが外国で生まれても,日本の戸籍に生まれた子どもの
記載をする必要があるので出生の届出をしなければならなくて(生まれてから3か月以内)
届出先は、その国に駐在する日本の大使、公使又は領事か、
夫婦の本籍地の市役所、区役所又は町村役場
(郵送で届出をしてもOK)

と。
なるほどー なるほどー って1人でブツブツ言いながらしらべてみました。


なんかまとまりの無い文章になっちゃったけど、
親の立場になる私と夫はもう今となっては国籍どうあれ
やっぱりやっぱり
日本人なんだろうしそういうアイデンティティー以外わたしは持てそうに無いけど
だけど、私達の子供はオーストラリアで生まれてオーストラリアの常識の中で育って
英語なんてペラペラなんだろうな。 
でも親は日本人で、、
なんかきっと一時期 自分のアイデンティティーにきっと混乱するんだろうな。 

両方のいいところを持った一杯悩んだ深い子に育ってくれるかしら???
オーストラリアに行ったら、きっといろんな人のお話聞けるかなー。


    

とりあえず
なんかちょっと考えこんでしまったのでこの辺で癒しと共にサヨナラー♪

bera oyaji

                 Written by Sachi
スポンサーサイト



COMMENT▼

や~ ベラちゃんかわいすぎ~! ほんと、癒されるゎ~~~

なんかいろいろ考えちゃう気持ち、わかります。  自分たちのことはまぁよくても、子供のことになるとね、話が違うよね・・・ ハワイでも子供の教育のことを考えて、出身地・国へ帰ったお母さん(家族)は少なくありませんでした。

私の友人で去年の終わりにアメリカ国籍をとった人がいるんだけど、日本に帰るかアメリカに滞在するか迷っていて(どちらでも選べるようにアメリカ国籍を取得したの)、息子が小学校に上がる年齢になるのでますます迷っているみたい。 帰るなら今だし、という感じで。 小学校に上がってしまうと言葉の問題がでてきて英語圏⇔その他の言葉の場所に移動するのが結構大変になると思う・・・ うちの娘をみていてもそう思いました。 

国籍については日本の法律だと二重国籍がだめで大人になったら選ばないといけないけど、アメリカでは二重国籍がOKで、アメリカ側のイミグレーションに「日本の国籍を捨てたら今後絶対に取れないから、捨てないで2つもっていなさい」といわれた子もいましたよ。  オーストラリアはどうなんだろう・・・ ちょっとわからないけど。

うちの娘は日本国籍がないの・・・ 私が出生届けを期間内に領事館に提出しなかったためで、でも私自身が日本に住むことはないだろう、と思っていたし、今となっては彼女がアメリカから出たくない、と思っているので結果的には問題なかったけど。

子供が育っていく環境は、どうなんだろう・・・・ 私個人の意見としては、日本は自分の好きな様に生きるチャンスが少ないかな、という感じもしています。 オーストラリアについてはまだぜんぜんわからないんだけど、アメリカに限って言えば奨学金制度もものすごくちゃんとしているし、伸びる子にはそれだけのチャンスはものすごくあったから、どんな環境に生れ落ちてもそれを本人次第でかえていけるチャンスは、ありました(逆に落ちていくチャンスもめちゃめちゃたくさんあって、こわいけどね。) 日本は全体的に水準が高くみな平等だけど、なかなか飛びぬけられるチャンスって、ないのかなーなんて思ったり。 

あとは、私が親として、彼女のいいところだけを見ていつも認めてあげられる環境だな、とずっと思っていました。 日本だと、やっぱり世間体とか、周りがね・・・・・ 

外国人の親(?)をもった子供は、私はラッキーだと思います。 生まれながらにして違う世界がこの世の中にはある、っていうことがわかるから。  

そして最終的にはなんの人種であろうとどの国籍をもとうと「私は『私』という人間」。 きっとそれだけのことなんだと最近は思っています。
 

国籍悩みますよねぇ…
今のところ私たちは国籍は取るつもりはありません。
永住権との差があまりないですしね。
選挙権がないことと、国外に出る時にレジデントリターンビザが必要なくらい?
国からの補助とかも一緒ですし♪
子供には日本の国籍をすすめますかねぇ
日本の国籍って後から取るのたいへんみたいだし。
それ以前に子供がほしぃよ~

コメントありがとう御座いますー。

皆様
ホントいつもコメントありがとうございます。
なんかなんとなく思ってることだったり迷ってる事って結構あって、
自分のことなら自分で決めた事だから!って割り切れるし夫も大人だから自分で決めた事でしょっって思えるけど、やっぱりね、子供って考えるとちょっと迷う部分はあるのです。
Meggiさんのおっしゃるとおり日本のパスポート、って持ってたら凄いいいものだと思うし実際国籍って日本のままでも問題ないですもんねー。 
でもクンちゃんの言うのも凄いわかって。。。私と夫って海外の可能性っていうか自由さというかそういうところに惹かれて移住するので子供にも可能性が多い、って思えるほうを、って思うのもあって…
でもたしかに、私は私、っていうのをしっかり持っていられることが一番大事なんだよね。
コメントありがとう御座います!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/70-37c05c19

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まだ見ぬチビッコの将来

なんか、今日、毎日の様に東海道線の満員電車でオヤジに押されて半ギレのときにフッと考えた事なんですが、もし、そのうち子供がオーストラ...
 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク