FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2008. 12. 02

ベラ輸出準備開始!(1)

昨日、夫も私も会社から有給を貰いました。
折角の平日のお休みだから休日は出来ないことをしよう!って思ったんだけど
最近お金使いすぎ…だったので家にコモってました。
そこでベラの輸出について色々調べてみたのでとりあえず現状分かった事だけ
まとめようーっと。


まず。

1、オーストラリア大使館のHPから輸入申請書をダウンロード
  (Bringing Cats and Dogs and other pets to Australia
  コレに必要事項を記入しAQIS (Aust. Quarantine & Inspection Service
  ( オーストラリア政府検疫検査局)に送ると10日前後で輸入許可書が届く。
  ⇒マイクロチップを埋め込みが必要。
   このマイクロチップはAvid(R), Trovan(R), Destron(R)またはISO規格のマイクロチップで
   あることが必要。
  ⇒輸入者の住所はオーストラリアの住所である事が必要。
    友達の家、親族の家、会社、などでもOK。
    私達の場合、住所を借りられるような知り合いがオーストラリアには居ないので
    困ってしまいました。 とりあえず泊まる予定のYHAの住所を入れちゃいました(汗
  ⇒小切手、またはクレジットカードでAUD330支払が必要。
  ⇒(Rabies Vaccination and Rabies Neutralising Antiboby Titre Test Declaration
    - 狂犬病予防接種および抗体価チェック)に関しては、
    日本は狂犬病の発生がない地域に指定されているので記入不要。


2、 この輸入申請書を送り10日後位に申請書の ”exporter” の覧に書かれた住所に許可証が
  送られてくるのでオーストラリアの検疫所(シドニー、パース、メルボルンの何れか)に連絡し
  輸入時の受け入れスペースを確保。
  いまは大分まだ検疫機関が混んでいるみたいで通常最短で30日隔離されるんだけど
  いまだと40~日以上掛かるって。 
  それでも1日単位で費用が掛かるんだっもんな・・・。
  到着日とかも連絡する必要があるけど、最終の微調整は可能みたいだからとりあえず
  おおよその日で確保しておいた方がいいみたい。
  いま検疫の受け入れまで6ヶ月から8ヶ月待ちらしい。

3、あと、2と同時にすることは許可証が届き次第出国する空港の動物検疫所に連絡する事。
  そしたら血液検査(犬のみ必要)のスケジュールや予防注射などに関する
  オーストラリアの輸入条件を教えてくれる、と。

動物検疫所、成田支所  Tel: 0476-32-6655
動物検疫所、関西空港支所 Tel: 0724-55-1956
動物検疫所、横浜本所 Tel: 045 751 5921
  
  犬はブルセラ症、エールリッヒア病、レプトスピラ症の検査を公的検査機関に依頼しなきゃ
  いけなくて犬を送られる場合、輸入許可書が届いたら獣医師から成田空港などの
  動物検疫所支所に連絡し血液検査のスケジュールを貰う。 
  で、動物検疫所支所から血液検査のスケジュールが飼い主に送られてくるので、
  獣医師の採取した血清にこのスケジュール表を添付して動物検疫所本所に送ると。

  最終的には罹りつけの動物病院の獣医師に動物証明書A (Veterinary Certificates A)
  なるものの記入をしてもらい、動物検疫所の職員が、許可書のエンドースをしてくれるみたい。
  検疫官が動物証明書A (Veterinary Certificate A)の裏書きをしたら
  動物証明書B (Veterinary Certificates B)なるものの完成と。

  色々と予防接種を受けるのに大体2ヶ月くらいは見ておいた方がいいみたい。
  因みに犬の予防接種で(混合ワクチン)レプトスピラというのが混ざってる事があるんだけど
  (うちの子が受けてる注射には混ざってた)これの試験もあって、輸出前半年くらいは
  予防接種をすると陽性反応が出る事があるみたいなので混ぜないようにした方がいいって。

3、犬・猫の輸送は貨物扱いらしい。
  ペットを入れるキャリアケースはIATA (国際航空輸送協会)認定の物を使用しなきゃ
  ならないと…。 でも成田空港でも借りられるとか??

到着後は

空港にはAQISのスタッフが迎えに行き、検疫所に連れて行くんだって。
空港では飼い主は一切会えないみたい。
で、輸送中に使用された毛布やおもちゃは到着後は処分され
調理済の食事、毛布、おもちゃなど持ち込む事も出来るけど、その場合は
オーストラリア国内で購入された物に限り事前に検疫所に連絡しなきゃならない。

事前の予約が必要なんだけど面会時間は

イースターン・クリーク検疫所(シドニー郊外)― 市内から西に40km
火曜日と木曜日 午後1時30分から3時30分まで

スポットウッド検疫所 (メルボルン郊外)― 市内から西に12km
月曜日~金曜日 午前10時30分から正午12時までと午後1時から4時まで

ベイフォード検疫所 (西オーストラリア州、パース郊外)
月曜日~金曜日 午後2時から4時まで
 

だって。


私達はまだ1の書類作成の途中なのでそれ以降のプロセスについての詳細は
プロセスが進みだしたら随時UPしていこうと思います。
6月中の渡豪が目標の場合そろそろ本当にベラの輸出準備しなきゃ。
また報告しまーす。

ベラ散歩

                      Written by Sachi  
スポンサーサイト



COMMENT▼

ベラちゃんは輸出、になるのか・・・

しかし手続きとかすごく大変そう!
これが国境をこえる、っていうことなのね・・・と改めて
思ってしまった。 いや~ 改めてビザの手続きのこと
思い出してきたよ!

うちももし娘が近くオーストラリアに引っ越してくることに
なったとしたら、ウサギも一緒に引っ越してくることになる
ので、ひゃ~~!って思ってしまった。

でもさ、検疫所がアデレードにないっぽいけど、ベラちゃんが
出てくるまでどこかその近くの場所にすんでおくの?

なんか仕方のないこととはいえ、慣れ親しんだおもちゃや毛布
は到着後処分されちゃうなんて(泪) なんかかわいそう・・・・

でも1度だけ、だもんね! これがクリアになればあとはずっと
一緒だし~~




そうなのー貨物輸出なのー

こんにちはー!!
そうなの、ベラは輸出なのー。 しかも貨物…v-16
まだまだ色々やらなきゃならないことがあるみたい…。

あ、なんかね、オーストラリア大使館のHPみたら2008年9月時点ではオーストラリアへの動物の輸入は基本的には犬と猫に限る。って書いてあった…
基本的には、だから特例はあるんだろうけどきなこちゃんが来るときは調べた方が良いかもねっ。

そそ、検疫所もね一番近くてメルボルンだからベラが出てくるまではメルボルンにいるか、もしくは週1とか2とかでメルボルンに行くかどっちかになると思う…ほんと神経質な犬で(顔に似合わず)1人になると熱とかだすのよ…。

でも確かに!
色々と心配事があるけど1回だけだしね。 あとは一緒にいられるし
今の私のアパート(狭っっ!)から抜け出してちょっとは広いところにすめることになると思うし…
一緒に頑張らなきゃなのです!!

こんばんわー。

ヒトの移住も大変だけどべらちゃまの移住も・・・大変っ!
ある程度大変そうなのは想像がつきましたが、
こうして文章で手順を読んでいくと気が遠くなるぅ~。
でも、くんちゃんさんの言うとおり1度だけなので。。。
それにしてもこの広い土地に検疫所が3ヶ所って・・・
検疫、検疫って厳しい国のわりには機関が少ないんですね。

・・・検疫さえ終わっちゃえば公園で思う存分走り回れるし、
ママ、パパがきっと広いお家見つけてくれるから大丈夫!!ですね。

おーすっごく助かる情報ばっかり、、、行くタイミングと検疫所の空きが合うかどうか今から不安だなー
ベラちゃん一人旅がんばるんだもんねー応援しています!
ズーアシュは今からクレートにお家の臭い存分につけとりますw
着いたらおもちゃとか毛布も捨てられちゃうなんてかわいそうだよね~涙 どんだけ厳しいのよホント、、、

ほんとだよねー
ドンだけ厳しいのよー って思いながら申請してます
めんどくさいのよー
でもほとんどの申請は輸出1ヶ月前くらいからしか出来なかったりもするので
本当に忙しいのはきっと直前だろうな。

ズーアシュちゃんの場合だと同じケージ内に一緒に入れてくれたりもするみたいで
どっちがいいかは選べるみたいよ。
何も言わないと別々のケージで料金2倍! みたい。
一緒に過ごしてるし一緒のケージでもいいかもね~ 
でも広さは??だから聞いてみた方が良いかも!?

ウチのベラは余り洋服とか無いからいいんだけど
ズーアシュちゃんは全部、向こう着いたらやっぱり破棄されちゃうのかな??
勿体無いなー 隠して密輸できないのかな?? (あ、犯罪??)

Meggiさん
そうなのよー
厳しいくせに色々な書類の処理は時間かかるし~
場所は3箇所しかないし~
ブツブツ…

でもね 1回のみ!
彼には頑張ってもらうしかない。
今のグーたら彼でもやれば出来るはず! 伊達にブルドック混ざってませんから!!

検疫さえ終われば
パパとママが走り回れる広い家を…
広い家を…

もしお金があれば…見つけて…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/72-d98243e5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク