FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2008. 12. 25

短鼻犬の輸送について

お問い合わせを頂いたので短鼻犬の輸送について今の時点で調べられてる事を
纏めてみました~。

フレンチブルやパグ、ブルドックなど鼻の短い子達は飛行機の気圧や気温の寒暖によって
最悪の場合死亡してしまう事故が起きていた為、各航空会社とも輸送については厳しく規制
してます…。
問い合わせで「フレンチブルドックを…」 って言った瞬間に、
「あ~、駄目ですね」 っていう冷たい返答を何度も貰いながら、気合で調べまくってます。
今のところ、輸送についての各社の立場はこんな感じです。

1、JAL
  フレンチブル、短鼻犬は輸送一切取り扱わない
2、キャセイパシフィック  
  フレンチブル、短鼻犬は輸送一切取り扱わない
3、シンガポール航空
  フレンチブル、短鼻犬は輸送一切取り扱わない
  貨物置き場が空調効いていないのでペットは一切輸送できない
5、ニューギニア航空
  フレンチブル、短鼻犬は輸送一切取り扱わない
6、カンタス航空
  オーストラリア向けの輸送は貨物扱いになるので貨物会社に問い合わせて欲しい。
  といわれましたが、カンタス自体はフレンチブル、短鼻犬の輸送は一切NG
7、ニュージーランド航空
  フレンチブル、短鼻犬はOKだがオーストラリア向けのペットは取り扱わない。
  (ニュージーランドまでならOK… だけどコレじゃ意味無いわぁ)
9、チャイナエアライン
  フレンチブル、短鼻犬取り扱いOK
  ただし、台北でトランジットなのでそれが検疫的に問題が無い事が条件。
  ⇒問題なし! 台北は狂犬病の発生地域ではないので。
10、大韓航空
  フレンチブル、短鼻犬取り扱いOK
  ただし、インチョンでトランジットなのでそれが検疫的に問題が無い事が条件。
  ⇒問題! 韓国は狂犬病の発生地域に指定されてます。
11、ガルーダインドネシア航空
  フレンチブル、短鼻犬取り扱いOK
  ただし、インドネシアでトランジットなのでそれが検疫的に問題が無い事が条件。
  ⇒問題! インドネシアは狂犬病の発生地域に指定されてます。

12、アシアナ航空
  フレンチブル、短鼻犬取り扱いOK
  ただし、インチョンでトランジットなのでそれが検疫的に問題が無い事が条件。
  ⇒問題! 韓国は狂犬病の発生地域に指定されてます。



あと、貨物会社にも問いあわせしてみましたが、

13、日通貨物
  フレンチブルの輸送については直行便なし、トランジットでも使用できる航空会社を知らないので
  不可能ですとの事

14、西濃運輸
  西濃としてもやっているみたいですが余りやりたくないみたいで別会社を紹介受けました。
  それが、15番。

15、World care Pet transport
  非常に難しいので不可能かも知れませんとのこと。
  でもChina Airlineの事などを話したところ、China Airlineなら可能性アリかも。
  ただ、メルボルン行きではなくシドニーにするべきでしょうとの事でした。
  (China Airlineはシドニー行きのみの就航)



と、こんな感じです。
非常に厳しい状態ではあって、本当に連れて行けるのか凄く心配をしています。
ベラ無しの生活なんて考えられないよ~!! 
絶対に連れて行くからねーベラチン!!

今のところ、難しいながらも唯一China Airlineに可能性がありそうです。
あとは書類を見た感じですと台湾のトランジットは問題なさそうですが、再確認が必要な事、
China Airlineでメルボルン行きが無い場合は係留所をメルボルンからシドニーの
検疫所に移してスペースの確保依頼をする事が必要になります。

15番のWorld Care Pet Transportさんのお話ですとシドニーの検疫所は比較的直前でも
スペースの確保が出来る様。(ウェブでは混み混みです!って表示されてるけど)
なので来年3月頃にChina Airlineで本当にメルボルン就航便がない事を確認してからでも
変更は遅くないのでは、との事でした。

まずはWorld…さんから見積り含めて連絡を貰う事になりました!
金は払う! だから何とか無事に連れて行きたい…
この思いだけです!!

                         Written by Sachi
スポンサーサイト



COMMENT▼

ほんとぉ~ 追加~ 

直行便!っていろんなところに言われまくってたから信じてました。

WAの Quarantine にメールして、なんとかして!って今、直訴中。

経由便でOKなら、タイ航空にトライしてみたら?うちのぴぃちゃんは、パースからタイ航空で帰ってきたの。 信仰の深い仏教の国だから 動物を大切にしてくれるの。

日本通運㈱成田空港支店 0476-32-8011 に電話してみて! そこは、JALは、歓迎ではないが受けてくれると言ってたわ。ただし、シドニー。

私は、すでにあちらで暮らしてて、PRも持ってるの。オーストラリアでは、車は必須です。 特にワンちゃんがいたら。 シドニーからメルボルンなんて、パースよりも近いと思うから、ついたらすぐに中古でOKなので車GETです! 


WA  Quarantineから返事が来ました。
WAには、キャセイやニュージーランド航空で パグが入ってきてるとのこと。
ただし、 Quarantine側はそのルートやなには、知らないって。 メルボルンの Quarantineに、BOOKするときに直接、聞いてみたほうが情報が濃いかもよ。 彼らは、空港に到着する動物たちを直接pick upにいくから。


絶対に大丈夫だ!!!!!!
ベラちゃんは絶対これる!

そっか、チャイナエアラインだとシドニーに滞在することになるかも
しれないんだね・・・・
でもそうなったとき、それは「シドニーにいく」ということに意味が
あるのかも!

しかし、いろいろな規定があるよね。 ほんっとに勉強になる。

とにかくがんばれ~~!v-217

ありがとー!!

みぽさん!
ごめんなさい、ご丁寧にコメントいただいてたのにノホホンと正月に帰省していて今コメント拝見しました!!
早速教えてもらった日通の成田支店に電話してみたけど…フレンチブルは一切JALでは受けませんので手伝えません…だって。。
でも乗り継ぎ便で航空会社がOKと言ってるチャイナエアライン他なら行けるかも?って事でした。 
でも乗り継ぎになると乗り継ぎ経由国の狂犬病の状態とかやっぱり気になりますよね…
乗り継ぎ出来るのはヨーロッパ方面経由のみだけっぽかったので、直接メルボルンの担当者に
メールしてどっか使えるエアラインがあるか確認中です。
あとは教えてもらった通り、どっかから直行便で入って来てないかを聞いてみました。
回答が来るといいな… 
なんでフレブルだとNGなんだろー。 
うーんー。 でもフレブルだと直行便じゃなくてもOKだったり…。 パグちゃんとフレブルだと
同じ短鼻種でも若干扱いが違うのかなぁ??

でも色々教えていただいてありがとう御座います。
諦めずに頑張るぞー。





> 直行便!っていろんなところに言われまくってたから信じてました。
>
> WAの Quarantine にメールして、なんとかして!って今、直訴中。
>
> 経由便でOKなら、タイ航空にトライしてみたら?うちのぴぃちゃんは、パースからタイ航空で帰ってきたの。 信仰の深い仏教の国だから 動物を大切にしてくれるの。
>
> 日本通運㈱成田空港支店 0476-32-8011 に電話してみて! そこは、JALは、歓迎ではないが受けてくれると言ってたわ。ただし、シドニー。
>
> 私は、すでにあちらで暮らしてて、PRも持ってるの。オーストラリアでは、車は必須です。 特にワンちゃんがいたら。 シドニーからメルボルンなんて、パースよりも近いと思うから、ついたらすぐに中古でOKなので車GETです! 
>
>
> WA  Quarantineから返事が来ました。
> WAには、キャセイやニュージーランド航空で パグが入ってきてるとのこと。
> ただし、 Quarantine側はそのルートやなには、知らないって。 メルボルンの Quarantineに、BOOKするときに直接、聞いてみたほうが情報が濃いかもよ。 彼らは、空港に到着する動物たちを直接pick upにいくから。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/78-3b647072

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク