FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2009. 02. 21

フレンチブルの輸送について

私達夫婦としても凄く悩んでいて、また当ブログ内外でもたくさんの方々からもコメントを頂いたり
していますが、私達のオーストラリア移住に伴う一番大きな心配はベラの輸送になります。

オーストラリアは犬は貨物扱いでのみ受け入れをしているのでベラを機内に持ち込む事は出来ず
(たぶん航空会社各社の規定サイズよりも大きいと思うのでそちらもNGかもしれませんが)貨物と
して預ける事が必要となっています。
犬種によってはリスクが低く輸送に問題ないかもしれないですが、フレンチブルドックは輸送時の
温度変化(主に暑さ)や気圧の変化に弱く生命の危険が有るという事で今はほとんどの航空会社が
当犬種の輸送は一切行っておらず、日本→オーストラリアの直行便は一切使用できない状態。
よって、ベラはトランシップしなければいけないことになります。
オーストラリアが設定している狂犬病の発生の無い地域をトランシップしなければいけない都合上
私達が使用できる航空会社はエアーチャイナとガルーダインドネシア航空のみ。
どちらの航空会社を使用してもベラはケージの中に水のみの状態で24時間前後閉じ込められる
事になります。 
そしてトランシップをする事で貨物の出し入れがあり、ベラの居る貨物室の温度が上がることになり
(飛行中は貨物室の温度は室温に設定されているので極端に暑く/寒くなる事は無い)
それだけリスクが高くなります。 またエンジンの傍のため音が大きくストレスになることと思います。

いきなり飼い主と離れて小さいケージに24時間水のみで閉じ込められて揺れと騒音の中
また暑さの中一匹で乗り切らなければいけないベラの気持ちを思うと心が痛みます。

飛行輸送に置いてのフレンチブルドックの死亡割合などのデータは持ち合わせていませんが
私達は日本からオーストラリアへ就航のある(トランシップ含めた)15社弱に問い合わせをしており
そのうち4社以外は全てフレンチブルの取り扱いを拒否して居る事から考えても
非常に高いリスクであると思います。

それでも本当にベラを連れて行くのか、私達と一緒に来る為にベラに命を懸けてくれと
お願いするのは余りにも人間側の我儘すぎるのではないか、と夫ともたくさん話し合いました。

私達の今現在の答えはベラには一緒に来てもらう、というものです。
コレが正しいのかどうかは私達には未だに分かりません。
でも永住する私達にとって、ベラを連れて行かないという選択は家族を1人きり日本において
(誰かにあげて)私達だけオーストラリアに行くということでそっちの方が我儘に思えました。
いつでも一緒にいてベラの全てに責任を持ってこの子が老衰で亡くなるまで責任を持つ、
その方が誠実なんではないかと思えたからです。
ベラを飼う、家族になってもらう、と決めたときからベラの一番の幸せの為に私達が考える事の
出来る最善を尽くしていこうと思っていました。 ベラが喋る事が出来ない以上、私達の
考える最善が、ベラにとっての最善であることを祈るのみです。

また私達が納得行かないことは航空会社各社の対応です。
フレンチブルドック他短鼻犬の死亡が有った事を理由にこの犬種の輸送は一切行わない、
という結論は余りにも簡単すぎるのではないかと思います。
ちょっとした旅行等であればコレだけリスクが高いのだから犬を連れて行かない、という選択は
正しいと思います。 でも私達のように永住を目的としている場合、このような航空会社の決断の
為に、家族と離れ離れになるという決断をされる方も居ると思います。
どれだけお金が掛かろうと手間が掛かろうと飼い主側である私達は構わないと思っているのが
事実だと思います。
リスクが高いから乗せない、ではなくてリスクが高いのであれば温度管理が出来る様な配慮
をしてもらう、もしくは事前に犬の健康診断をさせるなど規則を厳しくしてでもまた
飼い主側で負担する費用が高くなっても代替案を出してくれるべきなのではないでしょうか。

犬を預かる際に、犬に万が一の事があっても一切責任を負わない、という書類に飼い主の
サインを取得する事は仕方ない事だとしても、サインをするという事で犬の生命への一切の責任を
飼い主側に押し付けて、そしてそれでも死亡リスクが高い場合は乗せないというのは
余りにも誠実さが無いと思う。
犬の負担を考えるなら直行便を持っている航空会社こそが、何らかの手を考えるべきだと思います。

私達は、自分達の選択が正しい事を願いベラの為であることを願いながら
例えば病院で、手術をすれば助かる可能性があるが、手術が成功する可能性は10%だ、
と宣告された家族の様な気持ちで手術する事を選択する事を患者の為に選択する様な
気持ちで居ます。 
飼い主は本当にこんな選択をしなければいけないんでしょうか。
チョッと航空会社側で対処方法を変えれば助かる命が一杯あるのではないでしょうか。

ベラの輸送に関して航空会社の対応には納得がいかない事ばかりです。

でもベラの為に、そして私達の為にもベラにとって最善の対応をしてもらえる様
個別に交渉を続けて行きたいと思っています。 もし日本からオーストラリアに短鼻犬を
輸出した事がある方がいらっしゃいましたら、その時の情報など頂く事が出来たら幸いです。

皆様のワンちゃんが命を落とすことなく旅が出来ますように願って止みません。
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/92-f618e68c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク