The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013. 06. 10

仕事を始めて早4ヶ月強

もう、何をしていたわけでもないのに、新しい仕事を始めてから時間が過ぎるのが早い気がする。 それなりに色々な事が起きてるんだけど、一旦ブログを書くことから離れちゃうと、なんとなく書かないことに慣れてきちゃって、日々ちょこっと変わった事が起きても「これは良いブログネタだっ」とか思わなくなってきちゃう。で、もう自分のブログさえも開かなくなっちゃう、っていう循環。

毎日会社で、翻訳をしていると家に帰って来てからもPCの前に座ってタイプするって言う事が嫌になっている気もする。 PCに向かって一人で黙々とタイプするよりは夫と話したり、犬を抱っこしてたりしたいなーって。


会社は、楽しいっ。
仕事自体は、まだまだ力不足を思い知る日々だけど、分からない事に開き直れるようになってきた様なきがする(それが良いのか悪いのかは分からないけど) 

通訳をしている時に、相手に「今言った事、分からなかった」って言えるようになった自分は、最初の頃の(…ヤバい、全文わからなかったよ…)っていう状態からは成長したんだろうな、きっと。 
・・・って思うのはポジティブシンキングすぎますか!!??

私の勤めている会社が日本資本の会社なので、昔から上司とか偉い人は絶対日本人、っていう環境で勤めてきたオージー達、さすが、日本人の扱いとか、英語が話せない人の扱いに慣れてるの。 ゆっくり話してくれるし、分かりやすい単語を使ってくれるし、今のは分かりにくいだろう、っていうのを自ら察して通訳に対する説明を加えながら話してくれたり、本当、通訳を使う事を慣れている人たちばっかりの集まり。

だからこそ、私くらいの能力の通訳でもなんとか務まっているんだとは思うけれど。
しかも、日本語は話せないけれど、何となく言っている事の一部は分かる、っていう人たちが集まっているから、日本人が話した内容を、私が通訳する前に有る程度理解している場合も結構有って。

通訳には甘い環境です。

だけどね、逆に厳しい環境でも有って、「さっきサチが訳した内容は日本人上司が言っていた内容とは違うでしょ?」って言われたりもする。 微妙に分かっている単語から内容を想像して、それと違う通訳内容を言われるとアレ?って思う人もいたりで。

だからこそ、適当な通訳は出来ないのよ。


本来は通訳が居ないのが理想のコミュニケーションなので、なるべく、相手の言った事を言った通りに日本語に/英語に訳そうって思ってるんだけど、場合によってはそれを許してくれない環境だったりもするし。 

特に日本人の上司は、結構、回りくどい言い方をしたり、例を出しながら細かく説明したりしたがるタイプなのだけど、英語って結構ストレートな言い回しが好まれたりするから、私がくどく言おうとすると途中で、私の言っている事をまとめて一言でスパっと言おうとして来たり。 急いでいる人を止めての通訳なんかだと余計。

最初の頃はそれに押し切られていたけれど、最近はしつこく最後までくどい言い方満載で言い切るように気をつけてる。


でも、落ち着いた会議の席ならまだしも、オージー結構、喧嘩を売ったり、買ったり、話がそれたり、前の話に戻ったり、かなりいろんなところに話が行くので、会議がヒートアップしてくると通訳に入るタイミングが分からず(ヒートアップしている途中で通訳すると、自分が話している間の会話が聞き取れなかったり、話が飛んだのがわからなくなっちゃうの)

まだまだ、です。
先は長いわ。



技術用語もさることながら、技術そのものを分かっていないと訳せない事なんかも結構あって、そういう場合はかなり、何度も説明をさせながら自分が理解して(したつもりで)訳すことになるんだけど、技術者に説明を3度してもらっても理解できない、って事も良く有って、「まぁ、いいよ、今のところ、訳さなくて」ってなる事も有り。 いやーーーーーーー泣


だってさー、金型の設計の話しとかしてこられてもさぁーーー、物理の話をしていたと思ったら、化学になって、統計になる話しの通訳なんて、できねーーーよーーーー


・・・とも言ってられないので、毎日冷汗です。

でも、楽しい。と思うわたしは、まさかマゾなのか。

でもね、分かると結構単純じゃん?って事も有ったりして、あーいうのって分かると面白いんだよね。 問題が起きた時の対処法とか、何気に結構単純なんだーって思うんだけどさ、でもそこに気づくかどうかはやっぱり素の頭の違いなんだろうな。 

たとえばさ、

金型で金属を曲げる際に、金属に割れが出ちゃって困っている場合は、金型の角の部分の丸み具合を調整する、とか (角が綺麗に四角だと、角の部分から割れやすくなるから、ちょっと角を丸みを持たせると割れにくくなる、とか)、

油分を吹きかけると割れにくくなる、けど吹きかけすぎるとシワになる、とか、

一度に曲げる量が多すぎると、パネルにストレスがかかり過ぎて割れるから、何回かに分けて曲げる、とか。




あっは、マニアックな事、書き始めたよ、あたし。


でもさぁ、こういうのって、何となく文系でも言われてみれば想像できるんだよね。  で、想像できると、納得出来ておもしろーいって思えるようになったり。

まぁ、理系の事は表面しか分かりませんのでちょっと深い話が始まると、わからないけどねーーー。
いつか、ガッツリ理系の深いところまで入った話でも通訳がサラっと出来るようになれたら良いんだけどな。 先はまだまだ長い感じっです。



でもなにより、一緒に働いている人たちが良い人達で良かった。
人が良いだけで会社に行くのが楽しくなる。  なるべく長く勤められるといいんだけどなーーー。





2013. 05. 06

そんなこんなでもう5月

ノホホンとブログ更新をサボっていたらなんともう5月でゴールデンウィークももう終わりだし。
時間が経つのはなんと早いのでしょうー。

ニュージーランドに行って、帰ってきたと思ったら、その後1カ月以内に、日本に帰っていたりしていたら既に五月。

ノホホンと過ごす日々の中にも色々有ったのだけど、ゆっくり書いていこうかな。




とりあえず5月なので、柏餅。。。? 



柏が無いけど、柏餅。  っていうか、ただの餅。






で、良くわからないけど、一応、こいのぼり、、のお弁当。





2013. 02. 23

ニュージーランドの旅2日目

ニュージーランド2日目は前日のLake Tekapoから車で片道1時間位のところにあるMt Cookにハイキングに行ってきました。

…と、いっても直接MtCookに登ったわけじゃなくて、Mt Cookのすそ野をハイキングした、って言う方が近いな。


NZ 2


3,754メートルでこの山はプロの登山家が許可を出してもらわないと登れないみたいなんだけど、今までに知る限り358人がこの山で亡くなっているんだって。 近くで見ると頭頂部が尖っていて万年雪があって険しいイメージなんだけど、そこまで高い山、っていう感じがしなかったんだよな。 

Mt Cookに一番近い駐車場に車を止めてハイキング開始。 
片道2時間位かな。 Mt Cookにむかって歩いたよ。 ニュージーランドはアデレード周辺とは違って、乾燥しているように見えつつ、至る所に水が流れていて緑が綺麗だったよ。 でもやっぱりサボテン系が多かったかな。

P1030357.jpg


こんな感じで、Mt Cookに積っている万年雪が溶けてところどころに滝が出来ていて、その滝が集まってこんな感じで川になってるの。 水の中には土?岩の粉?が混ざっていて、水が白く濁っています。 水はね、雪解け水だけあって凄い冷たかったよっ。


P1030366.jpg


雪解け水がこの大きな川に混ざる前の細い川を渡ったんだけど、これがまた、すっごい怖かった笑 浅いんだけど流れが凄く早くて、濁っているから、一歩先が本当に浅いかがよくわからなくて、石もゴロゴロしているし一歩間違えたらゴロゴロゴロ――――で、ドボーン、でドンブラコよ。 でも、カズちゃんと友達の夫のお二人の助けでなんとかわたれたよ。 しかしその時も水がめっちゃ冷たい。

…って、本当はあんまり入っちゃいけないエリアにまで入り込んだかも、私たち(小声)
いや、入っちゃだめ、とは書いてなかったけど「ここから先は危険が有るかもしれないから、どっちかっていうと、ニュージー政府としては、あんまり立ち入ってほしくないんだけどねーー」みたいな弱気な看板が立ってたので。 ま、でもほとんどの人達がはいってましたんで、良いんだろうな笑


P1030347.jpg

これが、一緒に旅をしたアメリカ人夫婦。 この奥さんと会うのは大学3年の時以来で、もう12年とかぶり??なのですけれど、体系も見た目も肌も、変わってないって、どういうことですかーーーー もともと可愛い人だったんだけど、年取っても可愛いままだぞ。 

たのしかったなーーー。



NZ 1

これは私たちの夫たち。 デッカイ岩の上に登って記念撮影。 
登るのさえ大変そうな、でっかーーーーい岩だったな。 彼女の夫、めっちゃ背が高いです。 



NZ.jpg

カズちゃんが撮った写真。



凄く短い実質2日だけの旅だったけど、楽しかったなーー
やっぱり昔からの友達て良い物です。 素敵な旦那様と幸せそうだったのも見ていてうれしかったな。

今度はもっと長く旅行して今回見られなかったニュージーランドの色々を見てみたいです。 クイーンズタウンもいってみたいし、North Islandも行ってみたいしね。





2013. 02. 22

ニュージーランドの旅1日目

入社したばっかりだというのに、有給休暇なんて無いって言うのに、無休で結構無理やり休みを取って旅行にいってきましたーー わははははーーー。

今の仕事を始める前、転職を考え始める前に既に決めていた旅行なのだーー。

高校生の時に留学した時に友達になった子とその子の彼がニュージーランドに旅行に来るようだったので、会いに行ってきました。 もーねー、12年ぶり?? 

メールのやり取りとか、1年に1-2回くらいずっと続けていたんだけど、実際に話したり会ったりするのは12年! 12年ぶりって凄い久しぶりーーと思いつつ、会ったらすぐ昔に戻れた。 嬉しかったなー。 

今回の旅では結構な距離と時間を運転したので、車内で色々話したり出来たなー。 軽い話しやジョークからかなりまじめな議論まで色々。 本当良い時間でした。

カズちゃん、運転お疲れ様。
アメリカ人の彼ら、道路の右側を運転する事に慣れているので、左側での運転はかなり怖いみたいで、私たちに運転をお願いしていました。 けど、90%強、カズちゃんが運転してくれた。 ありがとーー 大変だったと思います。 何せ田舎道で暗くて電灯もなかったんだもん。



木曜日の夜中にニュージーランドのクライストチャーチについて、次の日の朝からLake Tekapoに向かって出発。ここは、湖の色が水色で綺麗で、この周辺に南半球で一番大きな展望台もあるのだー。 4時間位の運転…とグーグルさんが言っていたのに、色々止まったりゆっくり運転していたら6時間位掛ったかな??

P1030324.jpg

NZ5.jpg



この湖の周りにも結構いろいろな散歩コースがあって(散歩コースって言っても結構な山の中だったりした笑)私たちは、泊まったバックパッカーのお姉さんお勧めのコースを半分位歩いてみました。
野生のウサギが一杯居たー。 ニュージーランドでは一杯ウサギを見たな。 オーストラリアだと道端にカンガルーが死んでるけど、そんな感じでニュージーランドではウサギだったな。


その日の夜は、この近くの展望台で星空を見ました。
夜10時から2時間のツアーでした。 面白かったよっ。 8人位の小さなグループに説明員が代わる代わるきて色々話をしたり、色々な所に連れて行ってくれて、その場の望遠鏡で空を見せてくれたりしたよ。 でっかいプラネタリウム的な丸い屋根の展望台のなかにめっちゃでっかい望遠鏡で星を見たりした。

NZ 4

こんな感じの厚いコートを貸してくれてそれを着て夜空の下を歩き回ったの。
湖の近くの小高い丘の上にある展望台なんだけど、そこに車で連れて行ってくれるんだけど、その場所にむかう道では、その地域の暗さを維持する為にある一定の場所を超えた後は車のヘッドライトを消して運転しなくちゃいけないの。
ただでさえ、真っ暗な夜のなか、ヘッドライトを消してくねくね道を運転するドライバーさん、かなりプロだったよ。 私達と同じツアーに参加していた人達も大学で星の勉強をしている人たちが参加していたりして、その人たちと説明員の会話がかなりマニアックで聞いていて面白かったよ(ま、半分位しか分からなかったけど笑)


tekapo.jpg
これはそのツアー中にカメラマンが撮った写真。 10秒位かけてシャッターを切ってたよ。 後ろの星がうつるように、って。 

本当、凄く綺麗な星空だったわーー。 寒かったけど笑 最初は曇っていて、アデレードで見る星空と同じような感じかな、って思っていたけど、風がふいて雲が流れ始めたら中盤位からすっごく綺麗な星空が見えた。

凄く良かったよ!


ツアーが終わったのが12時位。 それからバックパッカーの宿に戻って、就寝。 この旅は結構スパルタで睡眠時間はかなり少なかったけど、その価値のある楽しい旅だったっっ!! 


2日目はオーストラリアで一番高い山、Mt Cookのハイキングでっす。





2013. 02. 09

ベラコマ写真

ベラコマの写真、2-3日に1回は撮っている親バカ夫婦なので、同じような写真がアホみたいにたまってまいりました。

P1020593.jpg
仲良し夫婦。とりあえず小町のベラLOVE感が半端ない。 その割には良くしっぽでたたいてるけど。

P1020279_20130210032817.jpg
寝おきを撮られた。 それにしてもあんまり顔が見えぬ。

251.jpg
カズちゃんの帰りを待つベラ。 逆光で哀愁ただようオッサン。

182.jpg
やっちまいました。 怒られ中の写真。

067_20130210032812.jpg
普段はあんまり顔が映らない(ガングロなので)小町ですが、これはなんとか。 あごのたるみ、安西先生以上。

P1020789.jpg
近くによると大体目を開けちゃうんだけど、この時は寝顔激写。 手足短いなーー。

P1020048.jpg
必死。





写真整理していたら、小さい時のベラの写真が!

CIMG3737.jpg

CIMG3647.jpg


萌えーーーーーー。




ちなみに小町が小さい時、、、と言っても飼ったのは彼女が既に6カ月位だった時からなので、若干大きいけど…




021.jpg
目が点。

013.jpg
女性なのに大股開き公開。











…以上。親バカ、自己満でしたw






«  | ホーム |  »

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。